山内恵介(演歌歌手)の経歴や彼女との結婚は?演歌界の貴公子がオネエ疑惑。【ダウンタウンDX】

こんにちは。緋色です。

演歌歌手はCDを一枚出せれば、
一生食べていける、と言われています。

実際はどうなのでしょうか。

少し前だとイケメン演歌歌手として、
一世を風靡した氷川きよしさんを、
思い出しますね。

最近はメディアに出ることは
少なくなっていますが、
コンサートや営業だけでも
十分やっているのでしょうね。

最近だと演歌界の貴公子、
といわれている人が出てきたようです。

山内惠介さんという方です。

その彼が6月22日にテレビ放送予定の
ダウンタウンDXに出演されます。

どんな方なのか、彼の経歴や性格、
彼女や結婚などの情報をみていきたい、
と思います。

スポンサードリンク

山内恵介の経歴・プロフィール


出典:news-postseven.com

名前:山内惠介
生年月日:1983年5月31日
年齢:34歳
出身:福岡県糸島郡前原町(現在の糸島市)
学歴:福岡県立筑前高等学校
身長:178cm
血液型:O型
職業:演歌歌手
所属事務所:ビクターエンターテイメント

山内恵介さんは最近よくメディアで
みることが多いのですが、
デビューした年齢は17歳と若いです。

人気を確立するまでに多くの
時を重ねています。

オリコンランキングは経験あるものの
紅白に出演するまで、苦節16年。

それでも諦めることなく努力をし続ける
ことで今の地位を確立したのですね。

念願の紅白歌合戦初出場は2015年。

山内恵介さんはスタッフやマスコミなどの
メディア関係者からの評判が良い。

そしてファン対しても丁寧だとか。

売れなかった時の苦労を知っているから
こそ天狗になることなく、人気が出ても
初心を忘れずに対応することが出来るのですね。

性格などでの悪い噂は、
想像以上に簡単に世間に広まってしまう
時代に私たちは生きています。

だから、良い噂もこのように広まり、
山内恵介さんの印象が良い意味で
高まっていくのだと思います。

目次に戻る

山内恵介の演歌歌手デビューまで

母親が美空ひばりの大ファンだった
影響で生まれる前から彼女の歌を
聴いていたようです。

生まれてからも毎年行われる
コンサートを母親と一緒に行き、
幼い頃から演歌一色の生活だったようです。

山内恵介さん自身も演歌に惚れ込み、
聴くことも歌うことも大好きでした。

そんな演歌と共に成長していった彼は、
高校一年生の時に出演したカラオケ大会で
作曲家の水森英夫さんにスカウトされます。

その翌年の2001年4月にデビューします。

山内恵介さんは17歳。

「霧情」という曲でデビューします。

霧情

新品価格
¥250から
(2017/6/24 02:19時点)

そこからトントン拍子に上手くいく、
というわけにはいかず、
苦労していくことになります。

それを諦めず努力し続けることで、
今の人気を確立するに至っています。

スポンサードリンク

目次に戻る

山内恵介のオネエ疑惑とは?

彼のことを調べてみると、オネエ疑惑も
あるそうです。

山内恵介さんの見た目と仕草をみていると、
なんとなく分からなくないような
感じもします。

オネエというより中性的な
物腰が柔らかな繊細さを感じますよね。

身体的にも細身で、顔立ちも女性的です。

ただ、噂にしか過ぎない情報のようです。

本人も特にこの噂について言及してしません。

中性的な人を惹きつける魅力を持っている、
ということは言えると思いますけど、
オネエかどうかは分からないですね。

彼女との結婚の噂もありまし、
雰囲気から来るイメージに対する
単なるウワサに過ぎないのでしょうね。

目次に戻る

山内恵介の彼女や結婚について。

彼の見た目の良さと性格の情報や
地位を考えて彼女がいても当然のように
感じますし、噂のいつかありました。

けど、信憑性のある情報はありませんでした。

年齢的には考えられるタイミングですが、
師匠から結婚禁止令が出てるようですね。

山内恵介さん自身の考えは
今は歌うことしか考えてない、と。

そして、師匠は
40歳まで結婚してはいけない、と。

しかも、以前は39歳までだったのに
段々延びていっているとか(笑)

人気商売は大変なのが、
こういうところでも分かりますね。

師匠の教えを守って結婚は
まだまだ先になりそうです。

目次に戻る

まとめ

山内恵介さんさんのように
地位を確立するまでに苦労を
している人は強いと思います。

苦労を知っているからこそ、
仕事に対して、人に対しても
謙虚に対応することが出来るのですね。

紅白歌合戦にも出場を果たして
名実共に成功を果たした山内恵介さん。

これからの更なる活躍に注目したいです。

目次に戻る
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする