山中慎介はイケメンでイクメン。経歴と兄弟や嫁など家族情報も気になる。(はじめてのおつかい)

親にとって子供は自分の命を捧げてもいいと思える存在だと思います。

いつも子供が幸せであることを常に願っています。

そんな子供の成長を見届けることほど幸せなことはありません。

僕たちは子供の成長を通して自分自身の成長も実感することができます。

それは体験することでしか実感し得ない感覚

とても貴重な体験。

その貴重な体験を擬似的ではあれ体験することができるというのは、素晴らしい追体験だと思います。

追体験という感動に涙する。

そんな感動を与えてくれる番組「はじめてのおつかい」にプロボクシングの前WBC世界バンタム級王者・山中慎介さんが出演されます。

彼がルイス・ネリにTKOで負けてしまったものの、現役続行を決意した数日後の依頼だったそうです。

山中慎介さんにとっても家族にとっても想いを一つにして目的に進んでいくということを共有するためにも大切なイベントになったのではないかと思います。

家族は子供をきっかけに絆を深めていくことが多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

山中慎介(プロボクサー)の経歴・プロフィール


出典:http://www.ntv.co.jp

名前:山中慎介(やまなかしんすけ)
生年月日:1982年10月11日
年齢:35歳
出身:滋賀県湖南市
所属:帝拳ボクシングジム
職業:プロボクサー
結婚歴:バンタム級

彼は昔からボクサーになろうと思っていたタイプではなく、純粋に運動が好きなスポーツ少年だったようです。

少年期にやっていたスポーツは野球。

そんな野球少年がボクシングを目指したきっかけは、ある選手の試合をみたときだったようです。

辰吉丈一郎vsシリモンコン・ナコントン・パークビュー戦。

この時に、辰吉選手が対戦相手をKOで勝利してWBC世界バンタム級王座を奪還した瞬間に立ち会いボクシングの世界にのめり込んでいったようです。

参考までに辰吉丈一郎vsシリモンコン戦のKOシーンとインタビュー動画を載せておきますね。

動画の解説でも言われているようにシリモンコン選手が押していますが、最後で辰吉選手が殴り合いに勝利してダウンを奪うことに成功しています。

実力がお互いに拮抗していて勝つか負けるか分からない試合ほど興奮して心が揺さぶられるものはないですよね。

そんな試合を観戦して山中慎介さんはボクシングを習いはじめました。

彼のボクシングスタイルは当初はオーソドックスでやっていたようです。

しかし彼はサウスポー。

なぜオーソドックスでやっていたのか分かりませんが、ある時からサウスポーに変えていったようです。

そして攻防スタイルはストレート系主体の中間距離タイプ。

山中慎介さんの愚直にして徹底した基本を押さえた攻防スタイルは、圧倒的な練習量が必殺技と言われる技術にまで昇華させることによって世界タイトルを手にすることができるようになったようです。

圧倒的な量が質に転化するという素晴らしい例です。

基本的なことを徹底することによって、他とは明瞭に違いが分かるほどまでに、威力と美しさを兼ね揃えることが可能なのですね。

基本こそ大事。

それを山中慎介さんは体現しているように僕は感じます。

スポンサードリンク

目次に戻る

山中慎介の子供(兄弟)の情報

出典:ntv.co.jp

はじめてのおつかい」に出てくる子供の可愛さといったら、なんとも形容し難いものがありますね。

ただただ可愛い。

そして子供たちの成長のプロセスを映像を通して追体験することによって得ることができる感動。

今回出演した長男・豪祐(ごうすけ)くん(5)と長女・梨理乃ちゃん(3)も言わずもがな。

感動的。

そして、たくましい。

目次に戻る

山中慎介の奥さん(嫁)の情報

子供たちを素晴らしい状態まで育て、山中慎介さんを世界レベルに挑戦できる環境を作り出している奥さんの存在が気になります。

彼女の名前は山中沙也乃(やまなかさやの)さん。

沙也乃さんの出身は沖縄。

地元でミス本部町に選ばれるほどの美人。

まさに才色兼備。

山中慎介さん大黒柱に家族を支え、オンナとしての美しさも保っている。

素晴らしいですね。

スポンサードリンク

目次に戻る

まとめ

はじめてのおつかい」は長寿番組ですが、いつも感度的な内容になっていますね。

いつ見ても、どのタイミングで見ても感動的。

なぜなら、子供の数だけ感動があるからですよね。

それぞれの家族というコミュニティがあり、そこで地域というコミュニティも絡んで育ってきた子供に誰とて同じに見える子はいません。

どの子も少ない人生の中で得てきた経験と感情があり、性格の違いが生まれています。

その違いが、そもそもユニークで他と比較できない存在でありながら、子供たちが番組の中で成長していく姿を追体験できる、という2つの仮想体験が、どれだけ番組が長く続いても感動的で何度も見たくなる要素なのだと思います。

自分の過去、番組を見た過去、現在見ている子供、それを見ている自分。

これらの感情や情動が錯綜し感動を生み出しているのではないかと思います。

きっと今回も泣いてしまうんだろうなー。

【合わせて読みたい】長谷川穂積の強さの秘密?
長谷川穂積のボクサーとして強い秘密は?所属ジムや階級や私生活は?嫁はいるの?

目次に戻る
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする