【告発】竹内忠宜を清水めいりがツイッターで#metoo!経緯や経歴(画像)、今後の展開

「私も」

そんな意味があり、セクハラなどの性的な被害を受けた体験を告発する際に使われるハッシュタグ。

#metooによる告発

売名行為に使われてしまったりすることもあるそうですが、誰にも言えない状況から脱出するための救出場所として機能していることも間違いない。

多くの場合には誰にも言えず、不利益を自分のなかに抱え込んで日々を過ごしていくことになる。

そんなことはあってはならないと思います。

#metooによる告発により情報が広がり、さらに実名が公開されたことで真偽も含めて物議を醸しているものがあります。

女優清水めいりさんの告発。

彼女がツイッター上で「2月の舞台で泣いた理由」と題して舞台プロデューサーの竹内忠宜氏から受けた被害の一部始終を告発しています。

状況把握も含めて、何が起きているのか、告発の真偽はどうなのか。

竹内忠宜氏はどんな人物なのかをみていきます。

スポンサードリンク

清水めいりが「#metoo(ツイッター)」で告発した内容

彼女は自身のツイッターアカウントで、「2月の舞台で泣いた理由」といった一連のツイートをしています。

どんなきっかけで竹内忠宜氏と出会ったのか。

どんな経緯で自分は彼から被害にあったのか。

被害を警察に届けたけど受理されなかった状況。

なぜ、警察に行っても受理されなかったのか。(実際に被害にあった場合の対処法について伝える意味も含めて)

それらは起こった出来事の、ごく一部に過ぎないのでしょうけど、それだけでも内容を見る限り生々しい内容となっています。

そして、清水めいりさんは最終的に被害にあった相手を実名で公表しました。

竹内忠宜氏から被害を受けた、と。

現時点では、どこまで真実を語っているかは判断出来ない状況です。

嘘だとも本当だとも断定出来ない。

しかし、清水めいりさんから今回の告発が出た以上、社会的な立場にある竹内忠宜氏としては、何かしらの対応をせざるを得ない状況になるのは間違いないと思います。

ただ、清水めいりさんだけの主張を一方的に受け入れることは難しく、慎重に状況は確認をしていくべきだと思います。

彼女の立場から考えてみると、非常にリスクある選択をしたと思います。

匿名ではなく、自分の名前と顔など身分が分かる状況で、被害を告発をしているのですから。

匿名なのか、実名なのか、という違いは大きい。

それでも伝えなければならない。

そんな想いから今回の行動に移ったのだと思います。

ただの売名行為と捨てることはできないことでしょう。

今回の告発が事実だとしたら、違う女優からも同様の告発が出てくる可能性が考えられます。

清水めいりさんの勇気ある告発が現実を大きく動かしていく可能性がある。

事の真偽を掴むには、まだ経緯を伺うしかありません。

スポンサードリンク

目次に戻る

清水めいりのWiki経歴・プロフィール


出典:twitter.com

名前:清水めいり(しみずめいり)
生年月日:7月29日
学歴:東京工科大学(中退)
特技 クラリネット、即興字ハモリ
職業 女優

彼女は大学では映像制作などメディアに関わる研究をしていたようです。

ADを目指していたとか。

大学は事情があり中退することになりましたが、仕事で出会った役者さんの影響で、自らも役者を目指すようになります。

2014年5月ヴォイス&アクターズ道場(独立系養成所)に入り、役者の訓練を経て、2015年7月からフリーとして活動をするようになります。

舞台女優として活動するかたわら、八王子FMでラジオの仕事や、撮影モデルなどの仕事をしているようです。

目次に戻る

竹内忠宜のWiki経歴・プロフィール


出典:twitter.com

名前:竹内忠宜(たけうちただよし)
出身:非公開
生年月日:非公開
職業:舞台プロデューサー

戦国BASARA・BLAZBLUE・ロードス島戦記・あいたま・YUME☆KATU・侯爵令嬢は手駒を演じる・WILD HALF-奇跡の確率、などの舞台ブロデュースをおこなう。
舞台プロデューサーの肩書きの他には「株式会社・1007、緑劇人代表取締役」「エンターテイメント演劇集団『TESSIN』主宰」というのがあります。

目次に戻る
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする