羽田圭介の年収や印税は?学歴や作品も気になる?【ダウンタウンDX】

こんにちは。緋色です。

あなたは普段、本を読んだりしますでしょうか。

小説なんてどうですか。

小説は日常にはし得ない非日常を
文章を通して疑似体験することが出来る、
内面を豊かに出来る素晴らしいものだと思います。

言葉が人を作りますからね。

さて、5月25日に放送される
ダウンタウンDXに出演予定の
小説家の羽田圭介さん。

なんでもギャラが高騰している、
らしいですよ。

一体どんな方なのでしょうか。

スポンサードリンク

羽田圭介(はだけいすけ)の経歴・プロフィール

名前:羽田圭介(はだけいすけ)
生年月日:1985年10月9日
年齢:31歳
出身:東京都
学歴:明治大学商学部
職業:小説家
代表作:スクラップ・アンド・ビルド(2015年)

羽田さんが受賞された小説、スクラップアンドビルドは第153回 芥川賞で有名ですよね。

お笑いコンビ・ピースの又吉直樹〔またよし・なおき〕さんの作品「火花」と並んでのダブル受賞されたことで記憶に残っている人もいるのではないでしょうか。

彼自身若い時から頭角を表して、
有名小説家の仲間入りを果たしています。

羽田さんの幼少時の話で面白い体験があります。

車に轢かれるが奇跡的に助かるという経験。

そして、文学系にはミスマッチな
自転車で実業団選手を目指していた、
という振り幅の広い経歴を持っている方です。

こういう独特な経験をされている方の
文章は才能だけに関わらず、
体験からくる独特の情動を伴った
感性のあるものにあるというのを感じさせてくれますね。

やはり一芸に秀でる人の経歴はユニークです。

目次に戻る

羽田圭介(はだけいすけ)の年収や経歴は?

羽田さんの代表作となる
スクラップ・アンド・ビルドの印税は
2016時点で2200万円のようです。

もっていっているのかと思いましたけど、
それくらいなんですね。

作品を作り上げるまでにどれくらい時間が
かかっているのか分かりませんが、
一般的な相対金額でみたらもらっている範囲に
なりますね。

この情報はダウンタウンDXからです。

今週放送されるダウンタウンDXでは
新たな印税金額を話してくれるのでしょうか。

楽しみですね。

ちなみに芥川賞の賞金は100万円です。

それらを踏まえて、
彼自身が言っている年収は
400万円とのこと。

一冊の原稿料は80万円。

年割りをしたらそれぐらいになってしまうのですね。

瞬間的な金額と長期スパンでみたとの
金額で受ける印象がかなり変わりますね。

どこかの数字を操作してたら分かりませんけど笑。

そして、今週放送される
ダウンタウンDXでは原稿料が高騰してるとのこと。

どこまて上がったのでしょうか。

スポンサードリンク

目次に戻る

羽田圭介(はだけいすけ)の学歴や作品は?

羽田さんの学歴は
高校は明治大学付属明治高等学校
大学は明治大学
を卒業されてますね。

スポーツもされていて文武両道という
感じでしょうか。

高校の時点で「黒冷水」で
第40回文藝賞を受賞されています。

当時、羽田さんは17歳。
この年齢での受賞は堀田あけみ、
綿矢りさと並んで当時3人目で、
当時最年少だったとのことです。

若き頃から才能を発揮されている方ですね。

文才があるということは
それに伴った文章量に合わせた体験を
しているはずです。

けど、若い時点での受賞において
経験値の影響はそれほど多くないように
感じられると思います。

こういうのを知ると、
経験は絶対的な数量では無いだなー、
というのを感じますね。

評価されるということは文章のうまさや
文章のプロットの巧みさ以外に、
人と違った視点から語っている、
ということか重要な気がしているんです。

その独特な見方が面白いと思ってもらえて
他の多くの作品とは異なる評価を
獲得しているのだと思います。

それは体験が総量ではなくて、
差異に評価を獲得する可能性がある、
と考えたら納得がいきますよね。

それをベースに俳優もされたり
マルチな活躍をすることが出来るのだと
思います。

目次に戻る

まとめ

今週放送される
ダウンタウンDXに出演される
小説家の羽田圭介について
取り上げてみました。

若い時から才能を発揮している羽田さん。

これからも人とは違った視点から
文章を通して言葉を紡んでいくのだと思います。

ギャラが高騰するということは
それだけ世間に求められている、
ということですから、
これからも存分に才能を発揮して
世間を文章を通して楽しませていってもらいたいです。

目次に戻る
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする