おのののかのビール売り子技術は凄かった?コツ、必勝法がある?元カレは誰?本名は?

こんにちは。緋色です。

スポーツ観戦はやはり
現地で見るのが一番ですよね。

そこで行われている空気感や観客との
一体感、熱量を感じられるのは
やはり現地ならではの経験。

そして野球観戦といえは、
ビールですよね。

なぜかセットで考えてしまう(笑)

ビールといえはビールの売り子。

ビールの売り子といえは、
おのののかさんが有名ですよね。

さて、
5月27日にテレビ放送される
マツコ会議におのののかさんが
出演されるようです。

そこではビールの売り子について
内側だから話せることを根掘り葉堀り
切り込んで話を伺っていくようです。

スポンサードリンク

おのののかの経歴・プロフィール

名前:おのののか
本名:宮田 真理愛(みやたまりあ)
生年月日:1991年12月13日
年齢:25歳
出身:東京都文京区
身長:169cm
職業:グラビアアイドル※元ビール売り子

東京ドームでビールの売り子を
していたのをきっかけに有名になった
おのののかさん。

東京スポーツに
美人すぎるビール売り子、
と報道されたようです。

報道理由は単に美人だから、
ということだけでは無いと思います。

当時、おのののかさんは
東京ドームで一番の売上げを
上げていたようです。

その数は1日400杯。

この数を聞いてもすごさが
分かりづらいと思うのて
比較数字を出してみましょう。

ビールの売り子として参加した新人で
1日に100杯程度の売り上げになるようです。

そして、そこから試行錯誤をして
伸びていく子で200杯前後。

伸びない子は100杯から中々、
数字が上がっていかなそうです。

目次に戻る

ビール売り子にはコツ、必勝法がある?

トップクラスで1日に200杯の売り上げ。

おのののかさんは400杯。

トップレベルと比べても倍の数字。

すごさが分かりますね。

ビールは誰から買うか、というのが
如実に出る仕事のようです。

試合があるのは3時間くらい。

そこに2倍以上の差が生まれる。

人気の差か分かり易く出ますね。

一樽で25杯分ですから、
トップレベルになると20往復以上
することになります。

短時間で人気の子は稼げる、
とはいえ、かなりの重労働になりますね。

試合中は誰が買いそうなのか、
どこが売れる場所なのか、
どうしたら目立ちそうな場所なのか、
ひたすら考えながら動く。

思考と身体も動かし続けなければなりません。

ゲームが終わるまで休む暇はありませんね。

売れるビールの売り子と
売れないビールの売り子。

どこに差が生まれるのか。

どうしたら売れるのか、
ということを考え続けている。

ということと、

場の雰囲気を掴み取る感覚が鋭敏である。

ということだと思います。

そして、経験を通して改善を
常にしていこうとする人ですね。

人が集まっている場所には
買う傾向にある人が集まる場所が
あったり、点在していたり、

売り子を狙い撃ちして買う人がいたり、
何と無く買う人がいたりします。

それらを場の全体を通して
雰囲気を掴むことに意識を向けることが
出来る人が売り上げを作っているのだと思います。

そして、経験を通して
どうしたら売れるのか、
という自分なりの勝ちパターンを
作っていってしまう。

そういう人が売り上げを
どんどん作っていくのでしょう。

おのののかさんは
そういう意味で他の人を抜き出て
意識が高く行動をしていたのだと思います。

感覚に敏感だったのかもしれませんね。

そして、必勝法を編み出すための
PDCAサイクルを回す意識が
非常に高かったのだと思います。

スポンサードリンク

目次に戻る

おのののかの元カレは誰?

そんなおのののかさんですが、
元ビールは売り上げというだけあって
元カレも野球関連のようです。

名前は結構有名な選手のようですね。

彼女くらい美人で能力のある人であれば
能力のある男が求めるのは仕方ないことだと
思います。

お互い惹かれあって付き合うのは
自然な流れですからね。

噂を断定で語るのは野暮なので、
ここでは語りません。

特定してみたい人は検索してみてください。

目次に戻る

まとめ

ビールの売り子の話は
ビジネスに通じる話でもありますね。

どうしたら売れるのか。

それはお客様に対して、どうしたら
貢献出来るか、喜んでもらえるか、
ということ。

それを踏まえて思考錯誤するから
ダントツに売れるようになるのだと思います。

おのののかさんはそれが出来て
いたのでしょうね。

マツコ会議ではそれをどのように
語ってくれるのでしょうか。

楽しみです。

目次に戻る
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする