小島瑠璃子(こじるり)はAKB?英語堪能な学歴(高校・大学)や可愛い水着グラビアなど。

タレントになるためのオーディションが、毎年いろんな場所で行われていますね。

有名な芸能事務所が絡んでいる大きなオーディションもあれば、特定の業界に関係する人しか知らないような小さなオーディションもある。

大きなオーディションであれば、一般応募で何万人もの人が応募してきます。

自薦他薦かかわらず。

けど、そこからチャンスを掴み取り、芸能界入りすることが出来るのはわずか数人。

何万、何十万分の一の確率。

芸能界に入ったとしても活躍し続けるのは、ごく一握り。

華やかでありながらも厳しい世界ですよね。

比喩的な表現でよく聞くかも知れませんが、光が強い所には相反するように闇も強くなる、と。これは、いろんな文脈で捉えることが出来る表現だと思います。

さて、おしゃれイズム小島瑠璃子さんが出演されました。

アナザースカイにも出演されましたね。

アナザースカイに出演したタレントはブレイクしていく、という噂のある番組ということもありますので、今後、さらに人気に拍車がかかっていくのではないでしょうか。

小島瑠璃子さんはこじるりの愛称でバラエティー番組など多くの番組に出演されて活躍している方です。

多くの場合、主役で出ているという訳ではないですが、番組の中での立ち回りが上手く製作者側としても重宝されている人のようです。

キャラ設定や、その場の立ち位置を読み、その場に合わせた雰囲気を作ることが上手い人なのでしょうね。

彼女について詳しくみてきたいと思います。

スポンサードリンク

小島瑠璃子の経歴・プロフィール


出典:oricon.co.jp

名前:小島瑠璃子(こじま るりこ)
愛称:こじるり
生年月日:1993年12月23日
年齢:23歳
出身:千葉県市原市
身長:157cm
職業: バラエティタレント

彼女は2009年のホリプロタレントスカウトキャラバンで、約3万4000人の中からグランプリに選ばれたこときっかけに芸能界ビューを果たします。

デビューした時は、まだ15歳。

まだまだ芸能界に夢を描いている年齢

夢にみた芸能界に入ってワクワクしていたけど・・・

彼女はデビューした当時は歌手を志望していたようです。

オーディションでグランプリを取った小島瑠璃子さんは夢だった歌手になれる!と思っていたそうです。

思ってはいたものの、簡単にはいなかった。

仕事がなかなか入ってこない日々が続いたそうです。

デビューしてから3年間は、仕事が年間に10件もあるかどうかという数だったそう。

これではダメだと思った彼女は、ある時、歌手を断念することを決意します。

その瞬間は少し落ち込んでいたようですが、自分の歌唱力は人の心に届かないレベルなんだ、そう思い歌手になること諦めたみたいです。

けど、芸能界で自分の活躍の場を広げたい、という想いは消えませんでした。

彼女がデビューしてから配属された部署は、さまぁ~ずやイジリー岡田などが所属しているバラエティー部門だったこともあり先輩の力を借りて番組に出演するようになっていきます。

事務所側に先見の明があったのかもしれませんが、小島瑠璃子さんはバラエティ番組で重宝されるようになっていきます。

なぜ彼女がいろんな番組で重宝されるのか。

同業者からの彼女に対する見方は、どんな時間帯にも対応する器用さがあり、オールラウンダーなのような存在だからだそうです。

タレントは視聴者による印象が非常に重要になりますよね。

その印象が小島瑠璃子さんの場合は、いつ、どの番組に出ても良く見える

彼女によると、そう見えるように出演する番組に合わせて少しずつ雰囲気を変えているようです。

それは彼女の性格とデビューしてから売れなかった、という経験から出てきた芸能界で生きていく術だったようです。

主役になるなんて思ったことはない、番組で邪魔にならない良い脇役でいられるにはどうすればいいのか、ということを彼女なりに、ひたすら考えて出した結論のようです。

いつも自分を客観的に見ている

名前が売れ始めるきっかけだったS1という番組でのキャスター経験も大きいとか。

小島瑠璃子さんのバラエティー部門における活躍の仕方がすごい。

彼女の活躍にはタレントにありがちな自己顕示欲がないところに、他のタレントには出せない雰囲気や、やり取りや、立ち位置を作ることができているのだと思います。

「そもそも、タレントとしての自分に興味がない」

と彼女はいいます。

自分がやりたいことを求めて仕事をしている、というよりも、誰かから仕事を依頼されて、その仕事に応じて喜んでもらえることが、自分自身の喜びとなるのだとか。

番組出演数がすごい小島瑠璃子

彼女の番組出演数は圧倒的。

番組出演本数ランキング(女性タレント部門)で

2013年:319本(7位)
2014年:373本(2位)
2015年:429本(1位)
2016年:413本(2位)

とすごい本数に出演をされています。

個人的な野望

小島瑠璃子さんの野望は、タレントに対する考え方からもわかるように、特別な感じのしないものでした。

一生仲良くできそうな仲間を一人でも多くつくりたい、男の子でも女の子でもいい。

もしかしたら、そこの先に結婚もあるもしれないですし(笑)

だそうです。この普通な感じが彼女らしいと感じてしまいますね。

スポンサードリンク

目次に戻る

小島瑠璃子はAKB48のメンバーなの?


出典:hmv.co.jp

そんな彼女ですが、テレビ番組に出演するとインターネット上で、

AKBの人が出ている!や最近、流行のアイドルグループの人だよね。あのナントカっていうグループのセンターで歌ってる子だよね?

などというコメントが結構見られるようです。

タレントという個人の存在ではなく、AKB48のグループメンバーの1人だと勘違いされてしまっているようです。

僕自身も最初は勘違いしてしまいました(笑)

その理由は2つ挙げられるみたいです。

一つは顔が似てるっていうこと。

山本彩さんと前田敦子さんの顔に似ている、と思われている人が多いようです。

年齢や身長も同じぐらい同じくらいで雰囲気も似ているのでそれぞれの外見の違いがはっきり分かる人でなければ、最初は勘違いしてしまうのも仕方ないのかもしれません。

もう一つは名前が似てるということ。

小島瑠璃子さんの愛称は、こじるりそして元AKBの小嶋陽菜さんは、こじはる

この名前の相似から来る、勘違いが多いようです。

名前の違いは顔を見れば分かりますが、テレビに疎い人にしてみれば勘違いの元であるようなのは理解出来る気がします。

似ている人が何人もいるという状況の中で彼女がテレビで活躍していくことが出来るのは、

いろんな番組の雰囲気に合わせて印象が良いように調整をかけることが出来る器用さがあるからだと思います。

テレビは素の状態だけでは勝負はできない世界。

視聴者にとって求められる雰囲気をある程度は演出をもって作っていく。

けど自分自身と余りに乖離しすぎない存在である必要があるす。

そのバランスが難しいのだと思いますが、彼女はうまく雰囲気を掴んでやっているのだと思います。

地頭が良いんでしょうね。

スポンサードリンク

目次に戻る

「こじるり無双」人気の理由。関係者も認める有能さ

様々なバラエティー番組に出演している彼女。

たくさんいる女性タレントの中でも、特に有能だと関係者から言われているのが、小島瑠璃子さん。

タレント同士だけではなく、テレビ局内部の人も評価しています。

「ルックスの清潔感はもちろんのこと、滑舌の良さや話し方の上品さを感じます。加えて、アドリブコメントの的確さから感じる頭の良さなど、いろんな面から起用したいと思わせるタレント」

というようなことを語っています。

小島瑠璃子さんが、この世界で長く生きていくために経験から学びとった、バラエティー番組での立ち回りのスキルの高さも目立っているようです。

「場のバランスが取れるように、ぶっちゃけ話をしたり、内面を表現したり、毒気も嫌味がないように吐くスタイルは、番組制作側からみたときに安心感を感じさせる。目立ったキャラクターで人を惹きつけるわけではないけど、素を表現しても場を盛り上げることができるスキルは素晴らしいと思います。」

このように、番組制作の人も絶賛しています。

目次に戻る

小島瑠璃子は高学歴だった?頭がいい高校と大学。


出典:chibahigashi-doso.com

彼女の学歴に関してみていこうと思います。

関西の出身高校は千葉東高校

偏差値は70

難関校ですね。

この学校は千葉県内でも有数の進学校のようで、有名難関公立大学や有名私立大に合格している卒業生が数多くいます。

彼女曰く自分は天才肌ではないために、一日に10時間以上の勉強をしていたガリ勉タイプ、なんだそう。

それだけ、長時間、勉強に費やして集中出来る、というのも、ひとつの才能だと思いますけどね。

以前は、おバカタレント、と間違われることも多かったみたいですが、それは彼女の器用さから考えると、あえてバランスを取る為にやっていたのかもしれませんね。

ちなみに千葉東高校は女優の桐谷美玲さんも同じ高校だそうです。

高校卒業後は大学に進学していますが、芸能活動の多忙さに調整ができず仕事優先するために中退するという結果を選んでいます。(小島瑠璃子さんの進学した大学は共立女子大学の確率が高いようです。彼女の発言と小目撃情報の多さで判断しています。)

15歳で芸能界デビューしてからの彼女は、高校生活を普通に遊ぶことも少なく、たくさんの仕事こなしてきた結果、勉強する時間がなかなか取れなかったんでしょうね。

色々考えた末、彼女は仕事に専念するという決断を下したわけです。

地頭は良いんでしょうけど、何かを同時に並行してバランスよくやる、というタイプではなく一つのことに対して、周りに目もくれず真摯に向き合うタイプのようにみえますから正解だったのではないでしょうか。

スポンサードリンク

目次に戻る

小島瑠璃子のアナザースカイはどこ?(英語が堪能な証拠)


出典:tbs.co.jp

彼女にとってのアナザースカイはアラバマ。

アラバマ州はアメリカ合衆国南部に位置する南はフロリダ州とメキシコ湾に面している場所。

夏はとても暑く、冬は温暖で、年間を通して気温が高い地域。

新鮮なシーフードが豊富で美味い土地です。

このアラバマは小島瑠璃子さんが中学時代に交換留学した場所


出典:tbs.co.jp

そこで小島瑠璃子さんは水着姿を披露したり、
巨大スーパーでショッピングを楽しんだりと土地を満喫します。

彼女がホスト先の男の子に教えてもらってハマったチューイングガム的なもの。

土地を楽しんだ後には思い出の地へ行くことになります。

交換留学をした際にお世話になったホスト・ファミリーとの再開。

楽しみから思い出との再開、そして感動。

留学とい未知の体験を通して小島瑠璃子さんは変化のきっかけを掴んでいました。

世界は様々な可能性が開けているんだ、ということ。

アラバマに行くまでは、住んでいる地域のみが自分の世界で、そこで起きる出来事に絶望を感じてしまったり。

中学生にとっては学校や地域だけが全世界に感じてしまっている。

留学をするまでは閉じた世界で生きていた。

けど、世界はそこだけではなく大きく開けているんだ、というのを体験を通して実感したのが留学。

そこから踏み出した一歩が、ホリプロスカウトキャラバンでした。

自分が想像出来ない世界へ飛び込んでみたい

その想いで彼女は自身の人生を自ら動かし始めることになりました。

小島瑠璃子さんにとってアラバマは世界を広げてくれる場所でした。

スポンサードリンク

目次に戻る

小島瑠璃子のダイエット方法(かわいい自分を作る方法)


出典:mdpr.jp

彼女の魅力は健康的でスレンダーな体型もあるそう。

そんな彼女のダイエット方法はどんなやり方なのでしょうか。

まず、第一に根を詰めてやらないようにしているそう。

仕事も頑張りプレイベートもプロ意識を持って食事管理をしていると思いますが、やりすぎないようにしているようですね。

根を詰めることで精神的にマイナスに触れるリスクを避けてたい、と。

これを食べてもいい、あれは食べてはいけない、これをしないといけない、あれはやっちゃいけない、と自分を縛り過ぎると気が滅入ってしまうから、制限をかけすぎないように調整をしているそう。

具体的にはこんな風に言っています。

食事は8分目にしとくとか、お肉は食べつつも野菜をしっかり摂る。
炭水化物はまったく食べないと体に悪いので少しは必ず食べていいって
自分で決めています。
あとカルシウムを積極的に摂るようにしています

日々の小さなことを少しづつ積み重ねているから出来ることですね。

多くの場合は、好き勝手な食生活を送って無理をせざるを得ない状態になってからダイエットを始めたりしますから。

それだけ日々の意識に気をつけているということなんだと思います。

スポンサードリンク

目次に戻る

小島瑠璃子の可愛い画像や水着

グラビアなどで水着になることもある彼女。

水着画像はこちら

目次に戻る

まとめ

可愛らしいルックスに、コメントが場の雰囲気を掴んだユニークな言い回しができる小島さん。

バラエティー番組にたくさん出演されるのは、納得がいくことのように感じます。

彼女の番組毎による雰囲気の変化がある種の人たちにとっては、あざとい、という風に感じてしまうようです。

それは見方を変えれば、場の雰囲気に合わせて適切に対応している、という証拠でもあると思います。

あざとさを感じられるということは、その人たちはそう感じるだけ小島さん自身に注視している証拠です。

それだけ他の人とは差別化されて見ているってことですから。

芸能人として注目度を上げるという視点では成功しているように感じます。

人気商売にアンチがいるというのは重要なポイントですからね。

これからも彼女の活躍に期待したいです。

目次に戻る
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする