ジョナサン・ソーブルなぜ日本語が上手いの?経歴や年齢はなどwiki?【ニューヨーク・タイムズ】

定期的に未来世紀ジパングにゲスト出演される、ジョナサン・ソーブルさんという方がいます。

彼の的を射たコメント、切り口鋭い話を聞いて、どんな人なのか気になり、調べてみました。

スポンサードリンク

ジョナサン・ソーブルの経歴・プロフィール


出典:bbc.co.uk

名前:Jonathan Soble(ジョナサン・ソーブル
生年月日:1973年
年齢:44歳
出身:カナダ・オンタリオ州
学歴:トロント大学(国際関係論)、コロンビア大学大学院(ジャーナリズム)
職業:ジャーナリスト
職歴:
Dow Jones(ダウ・ジョーンズ)
Reuters(ロイター)
Financial Times(フィナンシャルタイムズ)2007年より
The New York Times(ニューヨーク・タイムズ)2014年より

2002年以来、日本にて様々なメディアを経ています。

華々しい経歴を持っている方ですね。

仕事で日本支社に担当になった時、2002年から日本に滞在しているようです。(大学を卒業後から日本に来ているようです。)

経済ジャーナリストです。

それも最前線の情報を持ってるプロフェッショナルですね。

フィナンシャルタイムズ東京支局長(2013年より)を経て、ニューヨークタイムズへ入社することになります。

現在、東京支局特派員として活躍中です。

目次に戻る

ジョナサン・ソーブルはなぜ日本語が上手いの?

調べた限りは理由が明確になっているものはありませんでした。

ジャーナリストは、ある意味で裏方に人間で、表立って自己を出していくというものではありませんから、情報が少ないのは仕方がないことだと思います。

仕事のことを考えると、自分の情報が出ることによるデメリットの方が、多くなってしまうのでしょう。

Financial Timesの人間として日本支局に来る以前、高校生、大学生時代にロータリーの青年交換プログラムで、日本に滞在していたこともあるようです。

若い時期から何度も日本にきていた可能性が高いですね。

目次に戻る

ジョナサン・ソーブルが有名になったきっかけ


出典:cocolog-nifty.com

彼がどんな会社を経由して今の地位にいるのか、ということをみてきました。

華々しい経歴ですよね。

そして、彼が企業の中に入っているジャーナリストの一人でありながらも、色んなメディアに出ている理由も分かりました。

そのきっかけは、2011年に起きたある事件でした。

総合光学機器メーカーのオリンパスの不適正会計処理問題。

これが取り上げられるきっかけとなった取材記事を流したのが、ジョナサン・ソーブルさんです。

これをきっかけに業界に名を轟かせることになります。

事件当時はFinancial Times東京特派員でした。

その後、役職をどんどん上げていき、東京支局長までになっています。(福島原発事故の報道でも有名になった方ですね。)

そして、その後The New York Timesへ移動することになります。

目次に戻る

まとめ

人が有名になっていくプロセスを知れるのは、その瞬間に色んな気づきを与えてくれますね。

変化が起きている時には何かしらのきっかけがある。

結果には必ず原因がある。

そこをみることで、何かしらの学びを得ることが出来るのだと思います。

日本の解釈を通したうえで、海外のセオリーからみたらどうなのか、という視点を知れるという点でもジョナサン・ソーブルさんの存在は大切だと思います。

これからも経済の色んな側面から切り取った記事や、コメントやセミナーを聞けたら、学びがあると思います。

これからの活躍も楽しみにしたいですね。

目次に戻る
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする