細野恵美(管理栄養士)は錦織圭の右腕?年齢、出身大学や結婚情報などプロフ、wiki情報。フットブレイン(FOOT×BRAIN)に出演

スポーツ選手として成功するためには、生まれもった才能と、正しいトレーニングが必要。

そして、それらを支えるのが食事。

土台ともいえましょうか。

パフォーマンスの良い身体を作り出すために大切なのは、何をいつどれだけ食べたか。

適切なタイミングと種類と量。

それによって身体のベースは作られていきます。

プロ選手であれば専属の栄養管理をする人がついて生活全体の調整を行っていることが多い。

その中でも一流の選手についている栄養士は、管理栄養士の資格を持っている人が多いようにいろんな人をみていて感じます。

彼らは管理栄養士という国家資格のラベルを最低ラインとすることで最低限の知識があるという選定をしているのではないでしょうか。

テニスの錦織圭選手の担当栄養士も管理栄養士の資格を持っている人です。

錦織圭選手の専属栄養士は細野恵美さんという方。

彼女が専属として食事管理をするようになったことで、錦織選手の世界ランキングは25位から5位までアップしたとのこと。世界というしのぎを削る世界において、この結果が出るのは驚異的とも言えると思います。

錦織選手の事例からだけでも、食事の大切さを実感するには良い事例だと思います。

その細野さんが7月9日にテレビ放送予定のFOOT×BRAIN(フットブレイン)に出演されます。

細野恵美さんの食事に関する考え方をみると共に、経歴に関しても詳しくみていきたいと思います。

スポンサードリンク

細野恵美の経歴・プロフィール


出典:weider-jp.com

名前:細野恵美(ほそのえみ)
生年月日:1977年
年齢:40歳
出身:千葉県千葉市
学歴:明海大学、東京健康科学専門
職業:管理栄養士・調理師
結婚歴:不明

彼女は大学を卒業後に大手飲料メーカーに就職します。

普通の会社員として生活し、仕事で携わることを通して栄養学に興味を持ったことをきっかけに、会社員生活に区切りをつける覚悟を決めます。

そして、東京健康科学専門学校へ入学し管理栄養士を目指すようになります。

細野恵美さんが管理栄養士になってからは、2005年から2010年までは千葉ロッテマリーンズで選手たちの栄養管理を対応していたようです。

担当している間に日本一を2度達成しています。

その後、森永製菓株式会社ウイダートレーニングラボに転職しています。

細野恵美が担当したアスリートは誰?

細野恵美さんが錦織圭さん、浅田真央選手、高梨沙羅選手、清水希容選手など有名選手の食事面を支えてきた経歴があるようです。

一流アスリートたちを食事面から支える。

結果としてパフォーマンスを劇的に変化させてきたことで有名になり自身の書籍も出版しているようです。

通称、奇跡の管理栄養士

食事が全てではありませんが、食事無しには身体能力の向上は考えられませんから、彼女の功績は素晴らしいものがあるのだと思います。

一流アスリートを担当して見えた食事理論

細野恵美さんが有名アスリートを担当して、食事面からパフォーマンス向上に貢献してきた経験を踏まえて出てきた理論を出版されたようです。

一流アスリートの食事

新品価格
¥1,404から
(2018/2/6 00:16時点)

賛否両論あるようですね。学ぶ点は無いかというとそうでもなく、彼女の経験から引き出して日常に取り入れることのできるところは、いくつもあると思います。(最新の本は一つでも気付きがあれば儲けものです。それぐらい駄本が多い。)

目次に戻る

細野恵美の管理栄養士とウイダートレーニングラボについて


出典:fc2.com

ウイダートレーニングラボは一般的には解放していないようです。

専属契約をしたトップアスリートのみをサポートしている場所のようです。トレーニング好きの私としては、トップレベルの人しか入れない、となるよ余計に行きたくなります。希少性への欲求ですね。

彼女たちスペシャリストが様々な学問知識を総合的に駆使し、選手に沿った最適解を導きだすことで、最高のパフォーマンスを出せるように支えているようです。

細野恵美さんたちが駆使する学問領域は、解剖学、生理学、バイオメカニクス、栄養学、心理学など

これらの情報・方法・技術を統合した理論を提供しているようですね。

さすが、研究所という名を冠しているだけありますね。

そして、管理栄養士とは、厚生労働大臣の免許を受けた国家資格です。

病気を患っている方や高齢で食事がしづらい方などの療養のために必要な栄養に関する指導をしたり、個人の身体的状況や栄養状態に合わせた栄養指導や給食管理、栄養管理を行うことが仕事になります。

プロスポーツ選手を対応する視点でみれば、個々の栄養状態等に合わせた専門的知識や技術を駆使したパフォーマンス保持から増進のための栄養指導と言えますね。

それをスポーツ栄養士といったりするようです。

スポンサードリンク

目次に戻る

細野恵美のスポーツ栄養士とは?

出典:asahi.com

スポーツ栄養士という専門領域があるようです。

細野恵美さん自身はスポーツ栄養士とは名乗っていないので認知はしていないと思いますが、分類としてはスポーツ栄養士になるのではないかと思います。(国家資格でない資格としてスポーツ栄養士があるようです。こちらと勘違いされるのを避けた可能性がありますね)

スポーツ栄養士とはアスリートに対して、個々の栄養状態等に合わせた食事指導を行いパフォーマンス管理を担うプロフェッショナル

スポーツ選手を支える裏方職業です。

食事に対する意識がどんどん上がっていっている近年では注目を浴びているポジションだと思います。

注目されているということは人気の職業となりますから就くことが難しい狭き門となる仕事です。

スポーツ栄養学の基本は一般人や病気の人に向けての指導とほとんど変わらない内容なんだとか。

人間という大きな視点でみた時には変わらない。

食事の三大栄養素のエネルギー比率で考えた時に、糖質60%、タンパク質25%、脂質15%という厚生労働省が定めた基本比率があります。

この視点をベースにエネルギー消費量を勘案した摂取量に変化があるだけで比率には差がないようです。

エネルギーを効率良く生み出すための基本として3食きちんと食べることが大切とのこと。

そして、細野恵美さんは糖質に関して言及しています。

糖質はほかの栄養素よりも早く体を動かすエネルギー源となる。

糖質を摂取しないと筋肉が分解されエネルギー源に置き換えられていく

筋量が落ちれば代謝が落ちてしまい、代謝が落ちることで脂肪をため込みやすい身体になっていってしまう。

加齢と共に筋力は低下することもあるし、一度落ちた筋肉を取り戻すのは時間がかかる。

筋肉は作るのに時間が掛かりますが無くなるのは早い。

食事のコントロールは一週間単位が良い

食事をコントロールすることで、パフォーマンスが上がるは分かっていても、徹底的に管理することは難しい。

分かっていても出来ない。

それがストレスになってしまう。

毎日、なにをいつどのタイミングで食べたかを把握しながら日々を過ごせることがベストだけど、意識がコントロールへ向かい過ぎてパフォーマンスが逆に悪くなってしまっては意味がない。

細野さんが、いろんな選手をみてきた中で気付いたのが調整期間への意識でした。

毎日、食事コントロールを意識するのはストレスになってしまう可能性がある。

一ヶ月では、良くなかった場合の調整が難しくなるほどのズレが生じてしまう可能性がある。

その間にある一週間。

7日というスパンで食事のコントロールを意識すれば調整をすることが出来る。

細野さんはそう考えたそうです。

これはストレスの緩和や集中力への考え方や習慣化への考え方も踏まえて、最初の段階で取り入れるには良さそうです。

スポンサードリンク

目次に戻る

細野恵美の糖質制限は悪なのか?

糖質制限は一時期流行りましたね。

糖質制限ダイエットは短期間で体重が落ち痩せることが可能です。

面倒なカロリー計算が不要で、炭水化物を抜くだけと簡単。(糖質なので抜くべきは炭水化物だけではありませんが、ここでは細野さんの論拠に沿っていきます。)

糖質制限には実はいろんな弊害がある、と。

テニスの錦織選手も糖質制限を取り入れていたことがあり、その時はスタミナ不足に悩まされていたとのこと。

けど、細野恵美さんが担当になってからは、適切に糖質を摂取するように指導することで、世界ランキングは25位から5位までアップしたそうです。

他の選手たちも糖質を考えた食事によってスタミナと身体能力を維持することに成功しているそうです。

糖質は大切なエネルギー源となり、不足してしまうと脳にエネルギーが行き渡らず、頭が働かなくなる、と。

集中力が続かず、仕事も手につかなくなるそうです。

体が重く、だるく、慢性的に疲れている状態となり、気分も安定しなくなり、生活にハリが無くなるようです。

怖いですね。

私自身は糖質の不足ではなく、糖質を取りすぎることによって上記の症状が出てきてしまいます。

糖質を抑えめにしておかないとパフォーマンスが落ちる感覚がある。

生理学的にみてどうなのか、という点は食べるときに検証しながら食べるように気をつけています。

何事もバランスが大切で、個人に合わせた最適な比率がある。

その最適な比率、自分にとって心地良いバランスをみつけるには、知識を動員しながら自分の身体で実験をしながら検証をするしかないと思います。

スポめしでパフォーマンスアップ

糖質を完全のオフにする必要は無いと思います。

いつ、どんなタイミングで取ればいいのか。

これは運動をしている人ほど知っておいた方がいいことだと思います。

何をどのタイミングで食べるのかについて、彼女の本で実例を持って紹介されているので参考になる点があると思います。

スポめし 賢く食べて結果を出す!

新品価格
¥1,296から
(2018/2/6 00:20時点)

目次に戻る

まとめ

いががでしたでしょうか。

細野恵美さんがどのようして栄養士になったのか、そして栄養士になってからの実績。

今、スポーツの世界では科学的なトレーニングから人間的な土台へ注視するようになっていますね。

食事は最たる例だと思います。

とにかくガムシャに圧倒的な量をこなすことから科学的な知見を総動員したトレーニング。

そして、結果を残している状態を現実ものとして引き上げていくまでのイメージトレーニングから脱力することで本来の身体操作を身につける方法。

とスポーツトレーニングは変遷を経ています。

どんどん人間の内面へ意識が向いていっていますね。

その土台となる食事。

細野恵美さんの食事がこれからも素晴らしい結果を残していってくれることを願っています。

それが多くのスター選手が生まれていくきっかけになると思います。

目次に戻る
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする