将棋最年少プロ棋士の藤井聡太さんを育てた積み木おもちゃ【キュボロ】立体パズルの秘密

こんにちは。緋色です。

将棋最年少プロ棋士である藤井聡太四段が
増田康宏四段と対局して勝利を納めましたね。

歴代新記録となる公式戦29連勝!

最年少でプロ棋士になり、連勝記録の塗り替えています。

彼に関する特集記事がたくさん作られ、
天才だと言われ、その理由に対する考察が
いろんなメディアから出てきていますね。

これから更に取材構成が増えていきそうな予感です。

そんな今、話題の藤井聡太さん。

彼の脳みそがどのように鍛えられたのか、
その秘密は彼が愛用していた木製立体パズルの
キュボロ」にあるではないか、と言われています。

天才の萌芽がここにあった、と。

この積み木おもちゃについて調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

木製立体パズルの「キュボロ」とは何なのか。


出典:quartett.jp

将棋最年少プロ棋士である藤井聡太四段が愛用していた
木製立体パズルの「キュボロ」。

スイス製の積み木おもちゃ。

溝やや穴がある5センチ角の立方体が1ピースとなり、
それを積み木のように組み合わせ、頂上からビー玉を落として
下まで止まることなく転がっていくように道を作って遊ぶ。

いろんなパーツを組み合わせて1本の道を作り出す遊びですね。

これは簡単に説明を読んだだけで子供にとって、
脳みそが相当豊かに鍛えられそうなのが想像つきます。

一番重要なポイントとしては、正しい答えが存在しない、
ということだと思います。

ビー玉を止まることなく下まで転がり落ちるような道を
積み木を組み合わせて作る。

下まで転がり落とす、というゴールがあるだけ。

そこに至るプロセスは子供自身が考える。

そこにいろんな能力が遊びながら鍛えられるのだと思います。

楽しみながら鍛えれるであろうことを書いてみたいと思います。

1、一つのことに集中するチカラ(興味散漫からの解放)
2、積み木の組み合わせよる立体的な空間把握能力
(モノの構造を掴み取るチカラの獲得)
3、論理的な思考力の向上(道筋を持った思考力の獲得)

などのことが遊びながら鍛えれると思います。

これら直感力を養うということに繋がっていきますね。

パッとみた瞬間に答えが見える。

そんな直感力です。

遊びながら成長が加速していく。

子供を見ていて、これほど幸せなことはないですよね。

【★2018年春以降入荷分予約(代引き不可)】キュボロ(クボロ) スタンダード【送料無料】【Cuboro standeard】

価格:34,560円
(2017/6/26 23:45時点)
感想(27件)

目次に戻る

木製立体パズルの「キュボロ」が藤井聡太を作った?

キュボロによるパーツの組み合わせで自分なりの
道を作り出してゴールを作ることは将棋に繋がるそうです。

対局時の数手先を読むことに通じる、と。

積み木でも何も考えず積み上げるだけではなく、
キュボロはビー玉を下まで転がしてゴールを作る、
という先読みをしながら積み上げていかなければならないモノ。

その積み上げも確かに数手と言わず、ずっと先の
ゴールがあって、そこに向かって積み上げていくモノですから
通じるものがあるのだと思います。

彼が3歳の頃に作ったキュボロの積み木は、
4段重ねになり、2つの道が交差するなど幼児が作ったの?
という感じのモノになっていたのです。

これが藤井聡太さんが作ったキュボロ


出典:nhk.or.jp

3歳で作るには複雑過ぎ。

私が3歳の時には間違いなく作れていませんね(笑)

脳科学的にもキュボロによって彼の直感力が飛躍的に
上がったことを説明が出来るようです。

キュボロで遊んでいる時と、プロの棋士が対局している時の
脳の血流の動きが同じである、という研究結果が出ています。

対局で勝負が確定するような重要な局面で必要とされる
直感のチカラは脳の大脳基底核という部分が司っています。

キュボロも同じ部分が遊んでいる時に活性化されるそうです。

スポンサードリンク

目次に戻る

キュボロと将棋の共通点

脳科学的にみたキュボロと将棋の共通点から
藤井聡太さんがプロとてして一気にトップに
駆け上がれた理由をみていきたいと思います。

それは、
アマチュア棋士とプロ棋士の使われる脳の部位の違い
です。

それぞれの脳の活性化される位置をみてみましょう。


出典:nhk.or.jp

このような違いが生まれています。

全く活性化される位置が違うのがわかりますでしょうか。

本当に強い棋士は思考力そのものだけで
勝負をしないそうです。

トップレベルの棋士が勝負を分かつ瞬間の選択は
瞬間的なひらめきによって生まれたもの
だそうです。

直感で答えを導き出して勝負をしているのです。

これは適当にやっているのではなく、
私たちに考えられない数多の選択肢があるなかで
突然繋がったネットワークとしての答え、
なのだと思います。

身近なところにも経験あると思います。

私たちが仕事をして経験値が増えてくると
顧客から話を聞いた瞬間に答えが浮かんでくる時が
あると思います。

あ、これで間違いないな、と。

論理的には後付けであればいくらでも説明出来るけど
それを飛び越えて一気に答えまで結びつく瞬間。

それをヒューリスティックと読んだりします。

直感力。

その直感力の素地を藤井聡太さんは幼い時から遊んでいた
キュボロで養ってきたのではないでしょうか。

キュボロで遊んで活性化する脳の部位と
プロ棋士の使われる脳の部位が同じなのだそうですよ。

目次に戻る

将棋史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんの逸話

彼の幼少には面白い逸話があります。

藤井聡太さんが通っていた将棋教室で
詰将棋の問題を解く時は早かったようです。

回答を導き出すまでの時間がです。

順を追って思考していたのでは、
とても無理なのではないか、という速さで
答えを導き出していたようです。

そして、彼はこんなことを言ったそうです。

他の問題はないのですか?と。

こんなことを言って退けた生徒は
将棋教室始まって以来、彼が初めてだそうです。

直感力の成せるワザですね。

ちなみに藤井聡太さんの愛読書は
これだそうです。

新5手7手詰めパラダイス (マイコミ将棋文庫SP)

目次に戻る

まとめ

如何でしたでしょうか。

キュボロは遊びながら子供の成長を促すおもちゃですね。

これからの時代、答えがあるものに対して
最適解を見つけてくる、というものではなく
自分で思考して見つけ出していかなければいけません。

子供が成長した時に困らせない方法は、
お勉強が出来ることではなくて、
自分で答えを見つけられる思考力を身につけさせること。

それをおもちゃで養えるのは素晴らしいな、と思いました。

遊びながら、楽しみながら成長出来る。

子供と一緒に遊びたくなりますね。

即納 極少数入荷 キュボロ スタンダード cuboro(クボロ) 54キューブ 送料無料 cuboro社★20種類のラッピングから選べます★並行輸入品 将棋史上最年少プロ棋士 藤井聡太さんおめでとう【数量限定販売の為に販売価格は、変動します】

価格:69,999円
(2017/6/26 23:53時点)
感想(210件)

目次に戻る
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする